院長 入江 英彰
日本顕微鏡歯科学会認定医
irie_dental@yahoo.co.jp
(ご相談専用メールアドレス)
院長の私的なブログ 「IRDcのHappy Concise」 はこちら
new
入江歯科ホームページをごらんいただいてありがとうございます。
こちらでは、当院の診療についての考え方を
細かな部分までご紹介させていただいております。




院長ご挨拶

 良い歯での、健康的で楽しい食事、気持ちの良いコミュニケーションが、人生にもたらす価値は、はかりしれないものと考えます。そしてさらに、最近では運動機能や認知機能など、心身ともに良い影響を与えうるものとして、「良い歯」のさらなる価値が見直されてきております。

 そう、「良い歯」は無限の可能性をもたらす、かけがえのない資産であると考えます。

 そんな、生活の「質」だけでなく、人生の「長さ」にまでプラスの影響を与える「良い歯」。しかしわかっていても、気にはなっていても、歯科治療に対するマイナスイメージのために歯科医院を受診することに気が進まない方もいらっしゃるかもしれません。

 でも、歯科治療は進歩しています。最近では様々な対応の方法や機器もあります。初めに歯科への「思い」をお伝えくだされば、さまざまな配慮で、皆様が「良い歯」への一歩を踏み出す、お手伝いをしたいと思います。

 実際、歯科医院によっては、治療に対する考え方に、いろいろなものがあります。患者さんが我慢できる範囲ならどんどん進めて早く終わらせる方が親切である、という考え方、あまり長持ちしなくても早く安く済ませて、また悪くなればまた治療すればよい、という考え方もあります。

 しかし私は自分の天職であると考えている歯科医療の中で患者さんにつらい思いをしてほしくありませんし、それに歯は治療を繰り返すたびに減っていってしまいます。

 ある程度費用や手間暇がかかっても、できるだけ再治療のない、歯が長持ちする治療を提供することが、長い目で見れば、結局は費用対効果の高いものと考えております。生活の質を高めうる治療を、できるだけ患者さんがつらくないように提供したい。それは歯科医にとってもハードルの高い仕事とされておりますが、そのためにさまざまな準備をし、設備を導入し、修練を積んできました。

 治療を受けるかどうか、いつ治療を始めるか、そういったことは後から決めればよろしいかと思います。まず現状を把握し、見通しを立てるのがよろしいでしょう。今だから救える歯があるかもしれません。画像や動画で、わかりやすく説明いたします。

 そして少なくとも、来院していただいた皆さんには、将来歯のことでつらい思いをされることが無いよう、努力してゆきたいと思います。

 まずはご相談ください。上記写真下のメールアドレスでも結構です。



 〜顕微鏡治療、接着治療、CT診断による低侵襲処置で
               人生のパフォーマンスを高める歯科治療を〜



院長Profile
1993年 日本大学歯学部卒業
       慶応大学病院研修医
        (歯科、口腔外科、および麻酔科)
1996年〜 自由が丘真坂歯科医院勤務
2003年〜 イチカワ歯科広尾クリニック分院長
2004年2月 入江歯科医院開院


所属学会 
AMED(Academy of Microscope Enhanced Dentistry)
       日本顕微鏡歯科学会  学会認定医
       日本補綴歯科学会  
       日本審美歯科学会  
       日本口腔インプラント学会
       日本接着歯学会
       日本歯周病学会
       日本抗加齢医学会 抗加齢専門医




                         HOME
                   http://www.irie-dental.com/
院長挨拶