治療方法についての解説
歯の形や機能を回復する、おもな治療法について解説します。
治療材料についての解説は→こちらをクリック


1、コンポジットレジン充填
 虫歯を削った穴に接着剤を浸透させ、コンポジットレジンという材料を充填します。歯を削る量が最小限で済むという大きな利点がありますが、現段階では金属に比べると強度が低いため、力のかかる奥歯に使う場合などには配慮が必要です。

2、インレー
 型を取って穴にぴったりはまる詰め物を技工所で製作します。耐久性が高い詰め物ができますが、あまりに穴が大きい場合には周りの歯の壁が薄くなるため、歯が割れる危険性があります。そのような場合には、詰め物をさらに大きくして、割れそうな所をカバーします(その場合アンレーと呼びます)。

3、クラウン
 歯にかぶせます。かなり崩壊した歯でも、機能を復活させたり、割れるのを防ぐことができます。俗に差し歯と呼ばれるのは、神経をとった歯にクラウンをかぶせたものです。

4、ブリッジ
 歯のなくなったところに歯を入れるために、両隣の歯を削り、つながったクラウンをつけます。昔からある方法ですが、その材料は技術には様々な進歩が見られます。

5、インプラント
 歯のなくなったところに歯を入れるために、あごの骨にチタン製の小さな歯の根のようなものを入れ、上にクラウンをかぶせます。以前のインプラントに比べ、今のものは診断を正しく行えば極めて高い成功率を
誇ります。入れ歯よりもかみ合わせを支える力が強いため、上手に使うことによって患者さんの口腔状態が劇的に改善することもあります。ただし、ますは天然の歯を残す努力をし、それからインプラントなどの方針を考えるべきだと思います。


6、義歯(入れ歯)
 歯のなくなったところに歯を入れるための、取り外し式の歯です。歯が全くない場合の総義歯と、部分義歯があります。部分義歯は残っている歯に留め金をかけることによって維持します。安定しない部分義歯は残っている歯に負担をかけますが、金属の骨組みを使って精密な設計を行った部分義歯は逆に歯の寿命を延ばすことができます。






                          HOME