~かけがえのない歯を大切にする治療、価値ある治療結果、そしてつらくない治療をめざしています~

HOME ≫ ブログページ ≫

日々雑感

「履物がそろう、という事」

以前に趣味が合気道ということを書きましたが

どうも最近、
これは趣味ではないのではないか、
なんて、思い始めています。

趣味というレベルでなく、
生活の一部のような

武道というものの
体の動かし方
心の在り方
そういったものに
とても影響を受けている感じがします。

自分に欠けている部分だからこそ
深みを感じるのだと
思います。


ちなみに最近は
子供たちのクラスのお手伝いをすることも
多くなってきました。

しかし賢い子供が多いです。
時にびっくりするような鋭いことを
言う子もいます。

一方で全然言うことを聞かないのもいますが
そういう子も時に
きらりと光るものをもっていたりします。

いつも子供クラスの始めに
皆で大きな声で唱和します

「元気にあいさつしよう」とか
「きちんと返事をしよう」とか

その中にこんな言葉があります。
「履物をそろえる」
「履物がそろうと心もそろう」…

最近この言葉と合気道から学ぶことがありました。

武道ですので時々「審査」を受けるわけです。
受けるときは数ヶ月かけて
審査のための準備をするわけですが

今回は「受けなさい」と言っていただいたのが
審査の直前…
今回の審査はある意味
これまでの数年間の集大成と
いうべきものでしたので
ちょっと焦りました。

まあ人生にはいろいろな出来事が起こるわけですが、
それらの出来事は準備していると来ることもあるし
準備していないのにいきなり来ることもある。

いろいろな出来事を前にして
心が乱れるようなことがあると思います。

たとえば
「あと何日しかない」とか
「いったい何から準備すればいいのか?」とか
まあいろいろ考えて心は乱れるわけです。

そういう時に
まず始めに必要なものは何だろうか?という事に
今回おかげさまで気づきました。

もちろん、客観的に自分のレベルを把握したり
冷静に計画を立てたりすることは
大事なことですが

そんなことよりもまず
何よりも始めに
これをしないと何も始まらない、ということ、

心が乱れたときにまず始めに
必要なもの…

子供クラスで唱和する「履物がそろうと心もそろう」
というのがありましたが

自然に、スッと
「心がそろう」ことかな、と

混乱した状況やピンチの時、
まだ状況が把握できていなくても
自信がもてなくても

混乱した状況をシャットアウトして
まず、スッと心がそろう。

履物をそろえるように

これができないと、混乱した心のままでは
何も始まらないわけです。


自分は以前、物事を前にして冷静な人を見ると
この人は瞬時に状況を把握して見通しを立てられる
えらく頭のいい人なんだろうな
とか

もともとすごく自信がある人なんだろうな、とか
思っていました。

そういう人もいるでしょう。
でも、そうでない人は(自分とか)

いろいろな出来事を前にして乱れた心のままでは
何も始まらないわけです。

なのでまず、心がそろう事。

まだまだ自分は出来てませんが
これは成長の一段階なのだと思います。

武道をやっている人に会うと感じることがあります。
この人はそういうレベルまで行っているな、と
剣を構えた瞬間に
相手と対面した瞬間に
スッと心がそろう

武道以外のスポーツでも、ある程度のレベルになると
できるのかもしれません

若いアスリートのインタビューとかで
猛烈にしっかりとした受け答えをしていて
びっくりすることが多いですが
彼らは単に頭がいいだけでなく

必要な時に、さっと心がそろう
のだろうな、と
思いました。

これを自然に、そして即座にできるようになること、
それが自分が合気道をやる
一つの大きな目的なのかなと
思っています。

2015年01月11日 00:00

「部分入れ歯」

入れ歯には
総入れ歯と部分入れ歯があります。

自分の歯が少し残っている場合で
インプラントで歯を入れない場合
部分入れ歯を製作します。

部分入れ歯は
金属の骨格を用いることで
薄くて強く、快適な入れ歯にすることができます。

部分入れ歯を入れると
ひっかけている歯がダメになると
思っている方が
時々いらっしゃいますが
それは適合がよくない、
強度の低い、たわむ入れ歯が
原因であることが多いです。

ところが実際には逆で
正しく作られた部分入れ歯は
残っている歯の寿命を延ばすことになります。

ただし部分入れ歯の設計には
膨大な科学的知識の蓄積があり、
細かな配慮が必要です。

そのため当院の入れ歯は
すべて私自身が設計し、技工所に依頼しています。

制作する技工士さんも
日本でもトップレベルの人たちです。

患者さんの健康や生活に直接的にかかわることですから
勉強不足で不適切な設計をすれば
技工士さんに人間性を疑われます。

そういう点で
プロの世界というのは厳しいものですが

逆にわかっている者同士は
そのハートを分かり合える部分もあります。

そういう
やり甲斐もあるわけです。
 
2014年10月13日 00:00

「「保険」と「自費」 その2」

前回の続きです。

保険治療と自費治療の治療結果の違いを
あげてみると、

歯が長持ちします。
よく噛めます。
口臭がでにくいです。
見た目が美しいです。

これらを読んでみても
「ふーん、そうなんだ」
と言う感じかもしれませんが

大事なことは
これらのことがどのような「効果」を
もたらすか、ということ

口臭のない美しい歯と
よく噛める歯が長持ちすることで

コンプレックスのない魅力的な笑顔や
堂々としたコミュニケーション
ここ一番で頑張れる体力
そして年をとっても若々しくあること

私達は被せものを売っているわけではありません

私達が提供しているもの、それは
人生の質、パフォーマンスを向上させることです

考えてみていただきたいのは
あなたのパフォーマンスの向上が
どれだけの新しい価値を生み出し
周囲や世間にどれだけ貢献し
あなた自身の人生にどんな効果をもたらすか

あなたが高齢になっても元気でいることが
どれほど家族の幸福につながるか

たった一度の人生です。
治療時には費用がかかりますが
今後の人生の為に
健康にかける費用は
必要経費だと思います。

歯を治療する数少ない機会は
人生のパフォーマンスを高めるチャンスです。

お金が関わることなので
診療室ではあまり強くは言いませんが

私としてはできれば良いものを提供したい

これが本音でもあります。
2014年03月27日 00:00

「「保険」と「自費」 その1」

歯科においては自費治療と保険治療の違いが
よく話題になります。

どれだけ違うのか?

こういってしまうのもなんですが
その違いは、圧倒的です。
ただしそれは
特に
「歯の悪くなりやすい人において」です。

悪くなりやすさには
大きな個人差があります。

歯科治療を理解する上で
すごく重要なことが
この「個人差」です。

世の中には歯を磨かなくても、
ちっともケアしなくても
虫歯にならない人がいます。

そういう人はあまり歯科に来ませんので
あまりお会いしないわけですが
実は結構いるらしい

逆に、虫歯にとてもなりやすい人がいます。
すごく気を使っているのに
虫歯になってしまう。

そういう人にとって
虫歯になりにくい人の意見は参考になりません。
「そんなの・・・で大丈夫だよ」と言われても
自分には当てはまらない、
ということを知らなくてはなりません

日本の医療制度は非常に優れていますが、
しかし
すべての人に最良の医療を提供することは不可能です。
そもそもそんな財源は日本にありません。

問題にならない程度のレベルにラインが引かれる
そのラインを境にして
片側の人はまあ満足している
もう片方の人は満足していない。

虫歯になりやすい人においては
治療の繰り返し、歯の喪失、入れ歯
これが健康保険が提供するレベルですが
でも、入れ歯まで提供されるのです。
他国に比べたら、きわめて優れた制度と言えます。

では保険外の方法ではどうでしょう

知識と技術のある医院で
精度と耐久性の高い治療を受けて
適切なケアを受けたとします。
そうするとどうなるか。

虫歯になりやすい人であっても
正直、人生が変わります。

大げさのようですが本当です。
始めは費用がかかりますが
長い目で見ると逆に安い。
歯が残るわけですから。

歯は数回治療すればなくなってしまうことが
わかっています。
一生のうち、いかに治療回数を少なくできるかが
勝負です。

せっかく治療するのです。
それは人生のうちに数回しかない
「健康になるチャンス」でもあります。

お金の関わることなので
あまり声を大にして言えない部分もありますが
でももし手の届く範囲であるならば
健康になるための数少ないチャンスに
最良の選択をしてほしい。

これが歯科医側としての
本音でもあります。
2014年03月27日 00:00

「CTのこと」

当院には歯科用CTがあります。
治療台が2台しかないこの小さな歯科医院に
CT設備まであるということ、
驚かれます。

なぜCT設備があるか
それは必要だからです。

レントゲンで十分という歯科医もいるかもしれません。
しかし実際、
多くの歯根吸収はレントゲンで診断できませんし
なんといってもインプラント治療の時
CTがなければ、安全を保証できない場所があります。
(それだけではありませんが)

確かにCTを装備するためには
かなりの費用が掛かります。

どのように「お金」を使いたいか
これは各自の価値観によっていろいろあると思います。

それだけのお金があれば
ちょっといいベンツとか
マセラティ―とかがほしい人もいるかもしれません。

でも私としては
自分の車が国産車でも
患者さんには最良で安全、を提供したい。
(好きだから乗ってるのですが)

安全のためにかけるコストとしては
決して高いものではないと考えています。

胸を張ってベンツに乗らなくても
患者さんに最善の治療をして
信頼されている、という思いで
胸を張っていたい。

まあ別に胸を張って歩くわけではありませんが
私が開業している広尾ガーデンヒルズという
マンションの中では
歩いていてもやたらと患者さんに会うわけですが
そういう環境のなかで「普通に」しているためには
当たり前に信頼される結果を出し続けなければならない
そうでなければ私自身、自尊心を維持できないわけです
2014年02月09日 00:00

「開業11年目」

おかげさまで
この2月で開業11年目に入りました。

この地で違いの分かる、厳しくもやさしい
患者さんたちに鍛えられて
今日まで医院と私自身が成長して来れたこと

院長という、すべてが自分の責任という環境で
世界中の志を同じくするプロとかかわりながら
技術を磨き、ダイレクトに結果が返ってくる
ダイナミックな職業を選んだこと

本当によかったと思います。

しかし当然のことながら
今でも判断に迷うことがあります。
この患者さんにとって何が最善なのか
本当に求めていることはなんだろうか?
それは患者さんご自身が気づいていないこともあります

一つ一つの判断に迷いながら進んでも
決して大きな方向性は間違っていない、
これからもそういう医療を
行っていきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。
2014年02月09日 00:00

「ビデオ評価の話」

最近の医科の外科系学会の認定医審査基準としては
手術時のビデオ提出が標準になってきているらしいですね。
良いことだと思います。

私は日本顕微鏡歯科学会の認定医ですが
この学会でも認定医試験時に、
私が知る限りおそらく歯科では現状唯一、
処置時のビデオ提出が求められます。

そのビデオを見ながら
試験されます。

この内容によって
落ちる人と受かる人がいます。
誰でも受かるのでは意味がありませんので
厳しくて当然です。

しかしこのビデオ提出というのが
本当に細かいところまでよくわかります。

1cmほどの歯を画面いっぱいに拡大したりするので
おそらく数十μ程度の隙間とか汚れとかまで
見えてしまう。

それだけでなくて
手際の良さとか
機械の回転数とか当て方とか
薬の作用時間(秒)とか
蓋の厚さとか、塗り付け方とか

でも実はそういう細かい部分が
これまで治療結果に大きく影響していた
はずなのです。

これまでは術者間誤差と
されていたものの原因が
ビデオ映像ではわかってしまいます。

ちょっとしたヘラの使い方、
塗り付け方によって結果が違う、みたいな

「細部に宿る」というのは
当然、歯科に限ったものではないですが。
2013年02月21日 00:00

「麻酔のはなし2」

前回に引き続き、麻酔の話です。

きちんと麻酔が効いていれば
治療は痛くないわけですが

前回少し書きましたけども

効きにくい場所
効きにくい状況

といったものがあります。

治療中は常に患者さんの反応を見ていますが
「あれ、痛むのかな?」と思った時は
すぐ、何度でも、聞くようにしています。

あまり聞くべきではない、という歯科医もいます。
それをしていたら治療が進まないと、
流れ作業のように治療をしている医院なら
それでいいかもしれません。
確かに健康保険での治療は、限られた国の財源の中で
歯科医にも患者にも多少の我慢を強いているところがありますので
しょうがないのかもしれません。
しかし時に、「多少」でない我慢を患者さんにさせてしまうのが
問題です。

私の医院ではできればそういう
流れ作業的なことはしたくありませんし
無理して我慢してほしくはありません。

できるだけ患者さんの反応を見ながら、
なおかつ最善の治療をめざしていますが

ただし、患者さんが完全に治療中の痛みを我慢してしまうと
私たちはそれを知ることができません。

以前こんなことがありました。

ここの医院はお医者さんの患者さんも多いのですが
以前そういう方の治療をしていて
私がなんか様子が微妙だなと思い
何度確認しても「痛くない」、との返事で

「痛みがあるかどうかも参考にすることもあるので
痛んだら言ってください」と話すと

「えっ、痛いって言っていいんですか?」とのこと。

ある意味カルチャーショックを受ました。
医療の世界ではまだまだ患者が痛みを我慢するのが
当然という部分があるのでしょう。
命がかかってるから、しょうがないのかもしれませんが

あと、「痛くないんだけど顔をしかめてしまう」とおっしゃる方も
時々いらっしゃいます。
痛くないならいいのですが、実は痛い、といったことであると
これはもう、ややこしいことになります。

痛みがある場合
追加で麻酔をするか、
治療自体を一度終了するか
どちらかです。

追加麻酔をどう効かせるか、
これもいろんな研究があり、ノウハウがあります。

もし一度中止するにしても
次回まで消毒薬や鎮静薬を
虫歯に効かせることができるので
それはそれで、有効なわけです。


ということで
私からお願いしたいこととしましては

痛い時は、伝えてください。ということです。


様子を見ながら聞くようにはしていますが
あまりに我慢して、治療に通えなくなったり
恐怖症のようになってしまったら
健康になるために通っているのに
本末転倒になってしまいます。

具体的であるとさらに助かります。
「今触ったあたりがチクッとしました」とか
「ちょっとしみるような、痛くはないですが」とか
「触ってるのはわかりますけど痛みの感覚はないです」とか
「顔をしかめちゃうんですけど痛いわけではないです」とか

そういった事をお聞きしたうえで相談し、
追加麻酔をするか、中断するか、様子見ながら続行するか決めます。

これぐらいなら進めてほしい、というご希望の時も
あります。
みなさん時間を作って来院されているわけですので
その辺も相談です。でも厳しそうなら
私の判断で無理はさせないようにします。


歯科治療は時間もかかりますし、そういう意味では
決して楽ではないと思いますが
こういうやり取りと対応をしながらも
最終的には何とかいい形を実現するのも
歯科医側の実力のうちだと思うのです。
2013年01月29日 00:00

「麻酔のはなし」

今回は麻酔の話です。

さて、
麻酔は口の中のどの歯にも
同じように効くものでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。

すべての歯の中で一番麻酔を効かせるのが難しいのが
下の奥歯(大臼歯)です。

神経の治療をするときや
虫歯の治療をするときには
歯の「歯髄」に効かせなくてはなりませんが

下の大臼歯の「歯髄」に麻酔を効かせる、
これが難しい。

しかしきちんと効いていなければ
きちんと治療はできません。

きちんとできなければ、歯の寿命が縮みかねません。

効くことも多いですが、
効かないこともある。
それが問題なわけです。

麻酔をしたのだから当然効いていると
歯科医が思っているとしたら
ちょっと怖い話になります。

専門的な話になりますが
下の奥歯に麻酔する方法として
口の奥の方の神経の根元に効かせる「伝達麻酔法」
というのがあります。

唇の横までしびれるあれです。
経験のある方も多いのではないでしょうか。

ところが唇までしびれていても
2割の歯の「歯髄」には効いていないことが
証明されています。
つまり、いきなり治療を始めるべきではありません。

アメリカの学術誌の最近の調査ですら
下の大臼歯の伝達麻酔下での神経の治療で
「全く痛くなかった」「ほとんどいたくなかった」と
答えた人はたったの4割で、それ以外の人は
治療中に追加の麻酔を希望しました。

その論文では、そういう効かない時ののフォローに
どんな追加方法がもっとも有効なのか
調べているのですが
そこで最も有効だったのは
アルチカインという麻酔薬の
追加でした。

海外ではよく使われるアルチカインという麻酔ですが
日本では薬事の問題で使えません。

そのため、今のところ私たちは次善の策をとるしかないわけです。

次善の策とは
太さの計算された針を使って
コンピューター制御の圧力で
歯の周囲の歯根膜、というところから
所定の量の麻酔薬を注入する、
「歯根膜麻酔」という方法です。

でも本当はそういう複雑なことをするよりも
アルチカインを使うほうが
シンプルで成績もいいわけです。

なぜ日本では使えないのか?
製薬会社の経済的理由らしいですね。
局所麻酔薬は安すぎて元が取れない。

大学でも局所麻酔の研究では研究費がでないらしい。
こんなに不完全な分野なのに、です。

こういう話はよくあるようで
睡眠薬のメラトニンとかも有名ですね。
2013年01月21日 00:00

「根の治療の進歩について」

歯の神経や根の先の炎症に対する治療を
「根管治療」といいます。
そしてこの分野は「歯内療法」という分野です。

最近この分野が、急速に進歩しつつあります。
この分野の基本は、
「きっちりきれいにして
再び汚れが入らないよう、きっちり詰めて
生体の治癒を期待する」
というところでしょうか。

かつては根の炎症で抜歯される歯が多かったのですが
その抜歯基準が大きく変わりつつあります。

これまでは平面的なレントゲン写真から診断して
術者の手の感覚で掃除をしていました。

最近は形状記憶の器具を使って
かつ根の中を見ながら掃除できるようになり、
さらに殺菌しながら封鎖してくれるような材料も
開発され、
もはや根の先の炎症の程度は
「抜歯」の判断をする上ではあまり参考にならない
と言われ始めています。

たとえもし根の中からの治療が芳しくなくても
「顕微鏡下手術」でフォローすることによって
極めて高い成功率が達成できます。

昔から、「センセーショナルな治療結果」というものには
「本物」と「微妙なもの」があり、
実際には後者のほうが多いと思います。

例えば歯周病治療における組織再生療法というのが
以前からあります。
その効果については正直、何とも微妙だと私は思うのです。
しかしこの「歯内療法の進歩」は
それとは別物といっていいのではないでしょうか。

「科学的根拠に基づくエビデンス」は
不変のもののようなイメージがありますが、
この分野では変わりますね。

顕微鏡治療は経過を録画することができるので
世界中の我こそは、と思う人たちがその様子を
録画して発表しています。

治療法は進歩しても
その器具や顕微鏡の扱いにはいまだに職人芸的な
ところもあって
私としてはちょっと手ごたえを感じているわけです。
2012年11月11日 00:00

モバイルサイト

医療法人 入江歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

院長の私的ブログ 日々雑感
ブログ一覧