~かけがえのない歯を大切にする治療、価値ある治療結果、そしてつらくない治療をめざしています~

HOME ≫ ブログページ ≫

日々雑感

「習うことについて」

もう10月も終わりに近くなり
夏が過ぎると早いですね。

歳とともに、1年がどんどん早くなります。

歯科医になって20数年、
やっと落ち着いてきたかなあという思いもありますが、

まだまだ勉強しなければならないこともたくさんあります。

奥の深い世界で
なんというか、
ロマンがあるというか

そういう分野で、よかったです。

歯科学のなかでも
いまだによくわかっていない分野もあります。

それは、
「かみ合わせ」のような
日々の臨床に直結しているのに
じつはあまりよくわかっていない
そういったものがあります。

いくつかのグループが
自分たちの理論こそが正しいと
主張しあい続けて
結局証明できずに
うやむやのままになっている

正解はいくつかある可能性もあります。
でももっとも合理的で無理のない正解はどれか。
その答えを持っていて、そしてそれを教えられる人は
ひょんなところにいるかもしれません。

世界の様々な理論の提唱者の臨床を実地で見てきて
一緒に仕事をしてきて
その後、最も合理的な答えを見つけて
それを日々自分の手を動かして
実現している人

本物かどうかは、その人に習った人が
結果を出せるかどうかを
みればわかります。

今はそういう人のもとにも
研修に行っていまして、

そこはずいぶん下町にある
えらく古い感じの建物で
機械など何もかにも
まあ、古いというか

でもその理論に
希望を感じるわけです。
最高を提供できる可能性を


以前、こんな話を読みました。

日本人で世界的に有名な、とある心臓外科医が
ある手術法を改良するに当たり
悩みます。

すでに答えは教科書にはのっていないわけです。

そして彼はある日、とある筋からヒントを得ます。
その答えはもしかしたら
スペインにいる天才とも、変人とも言われ
学会から無視されている
心臓病理学者が持っている可能性がある。

彼はスペインに飛び
気難しげな顔の病理学者を訪ねる。

彼は病理学者の妻に言います。
ご迷惑かもしれませんが、御主人にどうしても教えていただきたい

妻は答えます。

よく来てくださったわ。
主人はあなたのように一人で飛び込んでくる人が
大好きなんです。
遠慮なくなんでも聞いてください。
それが一番嬉しいのよ、と


物事を習う以上
礼を尽くして習い、
腹を括って
質問するわけです。
(腹を括るというのは
正しい日本語でないらしいですが)

自分が成長してくると
若いころのように
何もかもが素晴らしいお手本など
いなくなります。

若い先生の時などは
見えてしまうこともある。
でもそこでああだめだと
思ってしまうと
学べないわけです。

素晴らしいところをしっかり見て
時にそれが見えるまで待って
そして学び取る

そういう、出会い
学びの場、距離感、そして
その空気感


そういう場にいることができて
本当によかったと
思うわけです。
2016年10月20日 00:00

「とある弓の本」

前回の更新から
だいぶ時間がたってしまいました。
すみません。

最近は診療がだいぶ忙しくなりました。
特に、これまでに歯のことで苦労をしてきて
「噂を聞いて」ここにいらっしゃる方が
多くなってきました。

腕を発揮できる機会が多くなって
大変やりがいを感じておりますが

あと10年早くここに来てくれれば、と
思うことも多いです。

また最近はアポイントが入りにくくて
もう一人自分がいれば
もっと早く解決できるのに、と
思います。

多くの方の治療が数か月から1年
かかります。

今の2週間に一回の治療が
週に一回できるようになれば
治療期間が半分にできる、

悩みどころです。


ところで
最近読んだ本は
「弓と禅」という本。

戦後に東北大の哲学の教師として招かれた
とあるドイツ人が
弓道を習う話です。

的に当てるのに「的を狙うな」という話、
この話は昔どこかで聞いたな、と思っていましたが
この本の内容でした。

彼は弓道の修行の中で悩みつつ様々なハードルを
越えてゆくのですが
ある問題をどうしても解決できず
にっちもさっちもいかなくなり
希望を失いかけます。

そんなある日、彼は師とお茶を飲む機会がありました。
それは偶然なのか、師が意図的にされたのか
わかりません。

彼はこのチャンスに思いのたけを師にぶつけます。
どうしたらいいのか、と。

師は答えます。
「本来、正しい道は
目的がなく、意図がないものです。」
「あなたは意志で行わないと
何も生じないと思い込んでいます。」

さらに食い下がる彼に師は言います。

「あなたは正しく待つことを
学ばなければなりません。」

「時が熟すまで、お待ちなさい」


正しい行いをするのは
天国に行きたいからではなく
地獄に落ちたくないからでもなくて

意志の力でなく、
目的や意図も持たずに
自然に善行を積めるならば

人として、もう大丈夫なのかな、と思うわけです。


そして「正しく待つこと」についてですが、
これは私の現段階での考えではありますが、

最近はSNSでも
子供の成績でも
資産運用でも
すぐに結果が出るものが
要求されることが多く、
世の中全体から
「待つ力」が失われつつあるように思います。

安直な解決策を求めることをせず
地道な努力で力を蓄え
希望を持ち続けて
在り方や姿勢も大事にして
待つことを
「楽しむ」ことではないかと

そうして
自分自身も含めた
人(ひと)の可能性を信じて
待ってあげられる力をつけることが

「正しく待つ」ためには
必要なのではないかと
思っています。

なかなか難しいことですが。
2016年03月31日 00:00

「パイロットと嵐」

年末のお休みになりましたので
部屋の片づけなどしています。

古い本を整理していると
こんな一節がありました。

世界で初めて無着陸・無給油で
世界一周飛行をしたパイロットの
ディック・ルータンという人の言葉だそうです。

「優秀なパイロットとは
その優秀な操縦技量を使わなくてすむような
優秀な判断力を持ったパイロットである。」

歯科医に似ていると思いました。



もちろん歯科医にとって
最新の知識や技術の習得は必要だと思います。

それによって
治療が患者さんにとって
楽でより確実なものになったり
それを歯科医が知っていることで
患者さんの生活の質が著しく向上することも
あるからです。
そのために歯科医が毎年知識を
アップグレードすることは
エネルギーもコストも必要ですが
必須であると考えています。

しかし
スーパーテクニックを駆使して
次々に重症患者を救う、のではなく

軽症、あるいは未病の段階で
「これはまずいぞ」と気づいて
将来の方向性をちょっと修正してあげて
重大なことにならないようにするのが
開業医としてのメインの仕事であると
考えています。

歯のことだけではありません。
胃腸など消化器のこと、栄養のこと、
姿勢のこと、筋力のこと、

よく観察している歯科医なら
わかっていることと思います。

特にご高齢のかたの場合、
噛めていない人に
いいかみ合わせの
安定した義歯が入ると
表情だけでなく姿勢も変わり
一気に若返ること、
猫背で元気のなかった方が
数日で一気に体力を回復する様子を
おそらく何度も経験していることと思います。

健康な歯やかみ合わせが
持つパワーですね。

嵐に巻き込まれてから
スーパーテクニックで乗り切るのではなく
先ほどのパイロットの話のように
嵐の危険性を見抜いて、嵐を避けて飛ぶ
一時的には遠回りになるかもしれないし
多少の労力も必要になるかもしれません。
歯科医がそれを伝えるのも
ちょっと大変な時もありますが

結果的には
その人の長く、健康的な人生につながるわけで

そのために仕事をしているわけです。



今もたくさんの仕事を任せていただきました。
そして来年も
始めから最後までつらくない治療で
良い結果を提供できるよう
努力したいと思います。
アポイントが少々取りにくくなっていて
申し訳ありません。


今年一年、大変お疲れ様でした。

ではよいお年を、お迎えください。
2015年12月30日 00:00

「ご高齢の方のインプラントについて」

最近、休診の木曜日に時々
老人ホームで歯科診療をしています。

ご高齢の方の虫歯の治療をしたり
ほとんど自分で歯を磨けなくなってしまった人の
ケアをしたりします。

あと入れ歯の修理とか。

それから最近
インプラントが入っている方も
多くなってきました。

自分は昔、ご高齢の患者さんの治療に
インプラントを使う事に否定的でした。

もし寝たきりになったりして
歯が磨けなくなって
インプラントが炎症を起こしたりしたら
どうするのか、
だから高齢者にインプラントをするべきではない
と考えていました。
将来高齢化社会で
インプラントは大問題になるのではないか
なんて、思ったりしていたわけですが

老人福祉施設で診察していると
ご高齢やご病気で、すでに自分では磨けないような
条件の良くない口の中でも
インプラントが元気にその方の歯や入れ歯を
支えていたりします。

「この方はインプラントが無ければ
この食生活は維持出来ないだろうな」と思わせるほど
時にインプラントがその方の
QOL(クオリティーオブライフ)に
貢献していたりします。

インプラント治療にあたり、
顎の骨が少ないなど
条件の良くない方の場合、
治療は大変なので
お勧めしません。

でも逆に条件の良い、
簡単に、確実なインプラントが出来そうな
ご高齢の患者さんなら、
ちょこっとインプラントを入れて
(この表現には語弊があるという歯科医も
いるかもしれませんが)
美味しく食べられる日々を過ごしていただくのも
悪くないのではないか、と
最近は思い始めています。

CTスキャンや
サージカルガイドといわれる、
名前だけ聞くと物々しい感じの
最先端の機器を使う事で
逆に身体的負担の少ない
治療をする事ができます。

以前のオーソドックスな方法に比べると
治療時間は5分の1くらいになりました。
一般外科で言う内視鏡手術のような感じで
切開もしません。

患者さんにとって
いかに痛くなく、
いかに早く楽に、
でも確実に長持ちさせるためには
どうしたらいいか
それらにこだわって設備などの導入をしてきました。

旧態依然の手術方法であれば
お勧めしませんが
テクノロジーの進化のおかげで
ご高齢の方にも
負担の少ない治療が
提供できるようになってきたと
感じています。
2015年09月07日 00:00

「いびきの話の続き」

前回のいびきの話の続きです。

いびきが様々な危険な病気と関連している事を
お伝えしましたが
こんな研究もあります。

いびきがひどくて
睡眠中、1時間に30回以上呼吸が止まる人が
18年後に生きている確率は
なんと50%代だそうです。

20年後、約半分の確率で
生きていないとしたら

大事なパートナーや家族が
いびきがひどいなら
治療しない手はありませんね。

昔はいびきの治療で手術をしたこともあるらしいですが
最近はあまりしないそうです。

治療の第一選択は
口腔内装置、つまり歯科で作る装置です。

健康保険でも出来ます。ただし
医療機関からの依頼状が必要です。
その場合、上下の顎が固定されるタイプになるので
慣れるのはちょっと大変かもしれませんが

世界的に最も多く作られているのは
装置を使っていても顎が動かせて
咳やあくびが出来て
水も飲めるようなタイプです。

このタイプは医療機関からの依頼状はいりません。
装着感もだいぶ楽かと思います。
ただし比較的高額です。

「比較的高額」というのが
何との比較なのかよくわかりませんが
お金の問題ではないかもしれません。


睡眠時無呼吸症の改善。
ここにも歯科が健康に強力に貢献できる分野があります


心臓や脳を守り
日中の眠気やだるさを解消し
感性と免疫力を高め
エネルギッシュな暮らしで
健康寿命まで延ばす


昔、とある有名な歯科医の研修を受けていたとき
その先生は言いました。

「命を救うのが医者で
歯を救うのが歯医者だ」と


私は、それは間違いだと思います。


歯医者が救うのは
”人生”だと思います。

誰にでも一度きりしかない人生ですから
今この瞬間は
これまでのすべての選択の結果なわけで

たとえ小さな虫歯などの問題であっても
たかが”いびき”であっても
将来を見据えた上で
その時々で最善と思われる選択をしておく

結局、それ以上の事は無いのではないか
と思っています。
2015年07月28日 00:00

「いびきと睡眠時無呼吸症」

睡眠中のいびきのひどい方は
睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気の
可能性があります。

この睡眠時無呼吸症候群という病気は
様々な全身の病気と関連していることが
わかっています。

なんと次の病気になるリスクが

脳卒中 3.3倍
高血圧 2.9倍
糖尿病 1.6倍
不整脈  4倍

とのことです。

睡眠中の窒息感や日中の強い眠気、夜間の多尿や
起床時の頭痛などがある人は要注意です。

夜間に気道がふさがれることが
直接的な原因ですが

これは口の中に入れる専用の装置によって
改善することができます。

ここにも健康寿命を延ばすために
歯科が貢献できる分野があります。

気になる方は
ご相談ください。
2015年06月12日 00:00

「ご高齢の方の治療計画について」

ご高齢の患者さんの治療方針には
大きく分けて二つの考え方があります。

歯に多少の不自由があっても、
程々に、最小限の治療で済ますか
回数や費用がかかってもきちっと
良い形に治しておくか

もちろん相談して決めることですが
私は基本
積極的に生活の質を高めるような
「きちっと治す」治療方針を
お薦めすることが多いです。

最近のご高齢の方は元気な方も多いですし、

80代でもきれいに歯をケアしていて
元気で充実した生活をなさっている方なら
残った歯の状況にもよりますが

費用は安いけれども
残った歯に負担がかかる、あまり咬めない入れ歯よりも
費用がかかっても残った歯に負担の少ない
よく咬める入れ歯を薦めていますし、
義歯でなくインプラントを薦める事もあります。


高齢者にインプラントを薦める事については
賛否があります。

私も昔は否定派でした。

極端な話、総入れ歯の方が
介護が必要になったとき
楽じゃないかと。


私はお隣の日赤の老人ホームにも
休診日に診療に行ったりしていますが、

総入れ歯の方は介護が楽、
確かにそうです。

一方でインプラントの人も時々いらっしゃいます。

この人の体力はインプラントが支えているな、と
思うような方もおられる

どちらがいいかは
難しい問題です。



時々診療室で
とてもお元気なご高齢の方が
こんな風におっしゃることがあります。

「まあ、あと数年だから、
ほどほどで」と…

しかし元気で
充実した生活を送っている
健康な高齢者が
「寝たきりに向けて」
消極的な治療方針を選択する事には
私は疑問を感じます。

私が開業している地域では
平均寿命よりずっと長く元気で居られる方が多いように
感じます。

しかし、本当にあと数年ということも
あるかもしれません。
それはわかりません。

たとえもし、そうであったとしても、
その人の、その最後の「数年間」は
二度とないのです。


寝たきりの終末にむかう準備として
その数年を費やすか

その数年の生活の質を
出来るだけ高めようとするか

その方の生活環境にもよるでしょう。
その医院の環境にもよるかもしれないです。

でもこの地で開業して来た自分としては
可能であるならば後者の、
あと数年の生活の質を
出来るだけ
高める方を選択してもらいたい、と
思っています。
2015年04月18日 00:00

「”鈍感力”について」

患者さんの噛み合わせの問題が複雑化すると
難症例になることがあります。

顎の関節が健康ならば
噛み合わせを決める事は
あまり難しいことではないのですが

例えば古いブリッジや入れ歯で
ずれた噛み合わせのまま
何年も我慢していた患者さんの場合、

関節の位置がずれてしまっています。
そのずれは関節そのものだけでなく
その周囲の筋肉の動きや
靭帯の長さも、ずれてしまっています。

そのような場合
まず仮の入れ歯を入れて咬めるようにして
経過を見てゆきます。

そうすると徐々に健康な噛み合わせの位置に
関節が戻ってゆきます。
でも今度は仮の入れ歯が合わなくなってきて
口の中の粘膜に当たって痛くなります。

痛くなったらまた調整します。
そうしたらまたさらに関節がいい位置に近づいて
さらにまた入れ歯が当たってきます。

これの繰り返しですが
最後には関節がしっくりとした位置に戻って
安定した噛み合わせになって
入れ歯も安定します。

こうなるまでが勝負です。
患者さんには十分に説明してから始めますが
何度も痛くなると「どうなってるの」と
思われます。

クレームも言いたくなるでしょう。
これはしょうがない過程なのですが
その気持ちもわかります。

ここで大事な事は
患者さんのクレームに対して
医者が一緒にエキサイトしないことです。
そうしてしまうと医師ー患者関係が悪化して
治療が最後まで行きません。

正直先が見えない事もあります。
いい状態に向かっている証拠ではありますが
毎回のように痛みが出る
患者さんは不安になり、
クレームを言うのも当然です。
医者も一生懸命やっているのですが
「こっちも一生懸命なんですよ!」なんて
言いません。丁寧に説明して、
しっかり慎重に治療を続けるだけです。

ただし疲れている時など
感情的に反応してしまいそうになる事もあります。
微妙に表情や態度に出てしまう事もあり、
まだまだ修行が足りません。
そこは忍耐ですね。

自分の感情は置いておいて
問題の解決に集中しないといけないですね。

患者さんの痛みには敏感で
自分の痛みには鈍感であろうとすることは
時に大変ですが
何の仕事でもそうかもしれませんね。

いつもの話に戻ってしまいますが
自分の痛みに多少鈍感になる為に
武道をやっているようなところもあります。

雪の日に座禅をしたり
体のあちこちにアザを作って来たり
擦り傷で血の付いた道着を
洗濯に出したりすると
家族に「体にいいからやってんじゃないの???」
と聞かれる事があります

診療にさしさわる怪我は本末転倒ですが
そうでない範囲の多少の厳しさは
やっぱり必要なんだと思います。

優れた武道の指導者は本当にその辺の
さじ加減がすごいなあと
思ったりします。
2015年04月01日 00:00

「検診のこと」

治療後は数ヶ月に1回の定期検診を
お勧めしているのですが
この「数ヶ月」はいつも
あっという間に過ぎてしまいます。

6ヶ月おきの方も多いのですが
検診が2回あったら年が明けている
(当たり前ですが)
時の経つのは本当に早いですね。

ちなみに
毎日会っている家族や同僚とかと違って
数ヶ月に一度だと
患者さんの変化に気づきやすいです。

「あれ、急に痩せたな」とか
「歩きかたがちょっとおかしい」とか
顔色や表情とか…

患者さんが気づいていない
ごく初期段階の病気に気づく事もあります。

もちろん詳しくはわかりませんが

今までに患者さん自身より先に異変に気づいたのは
ガンとかパーキンソン病、あとアルツハイマー病など
でした。

そして私はそれが気になった時には
その事を患者さんに言うようにしています。
初期に対応すれば
進行を抑制できる事もあるからです。

でもしかられてしまう事もあります。
「健診したばっかりですよ」とか。

昔、ある方の歩く様子がちょっと気になったので
「糖尿の検査してますか」と聞いたとき
検査したばっかりだ、と
ちょっとムッとされてしまったのですが
その後膵臓ガンとわかった事がありました。

時に顰蹙を買ってまで
なぜわざわざ言うのかというと…

それは過去に、
言わなかった為に何度も後悔しているからです。

気づいているのに
「そこまで言う事もないか」とか
「ま、大丈夫だろう」とか
「気のせいだろう」
と言う姿勢でいることで
取り返しのつかない事になったりします。

あのとき顰蹙を覚悟でちょっと言ってあげれば
事態は変わったかもしれない
自分のもともとの消極的な性格が
災いした、取り返しのつかない状況…

ガンもパーキンソンもアルツハイマーも
進行してしまえば
不治の病です。
どんなに努力しても
どんなにお金をかけても
治らないわけです。

歯の健康は
言ってみれば「買える健康」です。
天然の歯に勝るものはありませんが
まあもし歯を失っても
入れ歯やインプラントで
日常生活に差し障りのないレベルの
機能回復は出来ます。

しかし世の中にはまだまだ
治らない病気があります。
病気が進行してしまった人にとっては
健康はもはやお金では買えないもの
になります。

ちょっとでも異変に気づいたなら
大げさなくらいでいいと思います。

以前とある患者さんが
歯を治療して欲しいと来院されました。
その方は昔からこの医院に検診に通ってらして
私が「ここを治療した方がいいのでは」と
言っていた歯があったのですが
ずっと治療しないままでいました。

その方がある日、治療して欲しい、と来院されたのです。
お話によると白血病を患って
入院生活の後、
なんとか治癒して生還されたとの事。

私が治療をお勧めしていた歯について
「どうして治療しようと思わなかったんだろう?」と
おっしゃってました。

私もちょっと考えましたが
もしかしたら
生死の境から生還されたことで、
お金とちょっとの努力で手に入る健康もあるのか、
という事に気づかれたのかもしれません

歯の健康は残りの人生の
すべての瞬間に関わる部分だと思います。

コミュニケーション、美味しく食べる事
その人の最後の瞬間まで
尊厳を守るものかと

元気なうちに治療なさるのは
とても良い事かと思われます。
2015年03月13日 00:00

「生姜湯をふるまう」

今朝は合気道の道場の
「呼吸の行」の3日目でした。

朝暗いうちから
時には雪の中
道場の窓を開けて
1時間正座します。

初めの30分は両手で印を結んで不動
残り30分は呼吸法

呼吸はゆっくりと
完全に息をはききって
次に最大まで吸い込みます

吸う時は足の先から空気が入って来て
肺に溜まってゆく感じ
はく時は頭のてっぺんから
卵の黄身のようなものが体を包み込みながら
体の中の悪いものを飲み込んで
足の先から出て行くイメージ

この「足の先から」出て行くような
イメージでやるのですが
数年前の呼吸の行の時
自分は勘違いして
お尻から出て行くようなイメージでやっていたら
行の後で館長先生から
「お尻じゃないから」と
と言われた事があります。
なんでわかったのか
不思議ですが

今日は外は小雪でした
自分は朝起きたときちょっと喉が痛かったので
風邪っぽいかなと思ったのですが
呼吸の行をやったらいつのまにか治りました。

体のコンディションは
いい時も悪い時もあるわけですが
勝負の時がコンディションのいい時に来るとは
限らないわけですので
こうやって少しずつ無理をしてでも
体や心を鍛えてゆくしかないと思っています。

自分のように、元々あまり体が強くない人は
寒いからとヒーターにかじりついていると
体はどんどん弱くなって行ってしまうので
例えば漁師になる人がまず始めに
小舟の上で寒風にさらされても何時間も働けるような
「体を作る」ように
そういう努力が必要で
そして高齢になっても
かくしゃくと武道をしている方を見ると
そうなりたいと思うわけです。

ちなみに1時間の行の後は
正座で足はビリビリ、体は冷えきってカチコチなのですが
本当にありがたいことに
館長先生から生姜湯などを振る舞っていただけます。

今日も出していただいたのですが
ところが館長先生は飲まずに
お盆の上のカップに生姜湯をいくつか入れて
小雪の中、外に出て行ってしまいました。

後で先輩に聞くと
隣の資材置き場で働いている人たちに
生姜湯を振る舞いに行ったそうです。

自分が冷えきっている時に
じゃあ隣人も冷えきっているに違いないと
生姜湯を振る舞う

一貫してそういう姿勢が
只者でないと言うか
自分の修行が自分中心ばかりである事を思うと
自分はまだまだだなあ、と
思うのです。
2015年01月21日 00:00

モバイルサイト

医療法人 入江歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

院長の私的ブログ 日々雑感
ブログ一覧